グルジアから帰国。

現地二日間の駆け足だったが、グルジアにいってきた。
仕事の上では、公共サービスの民営化を進めつつも、エネルギーなど戦略分野では、(天然ガス供給の大部分を依存しており、既に生殺与奪を握られている)ロシアからの企業進出に一定の歯止めをかけようとしているグルジア政府の難しい立場が良く分かった。
さて、グルジアと言えば、飯とワイン。ヒンカリ、ハチャブリ、ハルチョスープ、胡桃ソースのサラダ、サペラビ、ムクザニなどを楽しんで来た。グルジア特有の胡桃ソースの作り方を通訳さんに教えてもらったので作ってみよう。
[PR]
by jagannaath | 2006-06-17 11:17


<< セガレに手を入れた。 虚子「六百句」から。 >>