週末。

今週末は家の周りで過ごした。

土曜日、前日の深酒が祟って、完璧な寝不足・二日酔いで目覚めた。小雨の中、身体に鞭打って近くのデパートの前の広場の物産展に行く。その後アーケード街をぶらぶら、昼飯は一品630円均一のタイ料理屋に行き、こちらは、アルコール類を目にするのも嫌な状態だというのにヨメが旨そうにシンハ-ビールを飲むのを恨めしく眺める。その後、デパートのおもちゃ売り場でセガレをひとしきり遊ばせた後、ベビーカーでセガレが寝てしまったのをこれ良しと、ヨメと喫茶店なるものに入ってみた。実はヨメと酒が一滴もない喫茶店に入るのは、結婚前から数えてもこれが二回目(除スターバックス系)。いつもは「いせや」とか、どうしてもそっち方面に流れてしまうのだが、今日はパフェとケーキと紅茶ときた。これも二日酔いの効用か。まあ、たまにはよい。暗くなる前に帰ってきて、セガレとゆっくり風呂に入った。

今朝は、まず、三鷹の跨線橋に行った。中央線・総武線・東西線の電車電車電車!電車区に入ってくる回送電車にセガレが手を振ったら運転台のおじさんが手を振り返してくれた。中央特快や「あずさ」も足許を通り過ぎて、セガレが興奮、父ちゃんも興奮、母ちゃんも興奮。ちょっと雲にさえぎられてしまったが、富士山もくっきり見えた。その後、偶然保育園のバザーを見つけたので、母ちゃん再度興奮。30分後には大きな紙袋一杯にセガレの服を購入して会場を後に、「武蔵野青空市」へ。青空の下、ちょっとしたステージがあってバンドが演奏していたり、なぜかその横にはペンキで描く銭湯画の実演があったり、昨日と同じような物産展があったり、食べ物も売っていて、小春日の下、老若男女(どちらかというと老・女が多かった印象)がゆったりとした時間を過ごしている感じで、悪い意味じゃなくて、「平和だなぁ」と思った。地元農協の品評会の野菜を山ほど買って一旦帰宅。お昼寝に突入したセガレと母ちゃんを残し、父ちゃんは畑へ。今日はもういい加減季節が終わってしまったナスを抜くとともに、空いていたところにダイコンを蒔いた。今日の作業の結果、現在の作付けは以下のとおり。
c0013494_0184987.jpg

帰宅後、ずっとやりたかった革製品の修繕をしたり、昨日買ったままになっていた生筋子の血抜きをしてから塩水の中でほぐしてしょうゆ漬けを作ったりした。こういう作業は無心に続けられるのでそれはそれでまたよい。今晩もまたセガレとゆっくり風呂に入った。セガレは最近風呂の中でも色々と芸が増えてきて面白い。

そんな感じで二日間過ごして、日記を書いているのだが、どこかに出かけたわけではなく、家の周りで過ごしただけなのだが、なんと言おうか、静かに充実した二日間であった。
[PR]
by jagannaath | 2006-11-13 00:30 | 雑記


<< 「御馳走帖」とセガレの熱。 神保町のカレー。 >>