<   2005年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ディズニーランド。

とうとう行ってしまった。朝の9時から夜の9時まで12時間。

ショーの鑑賞券の抽選の仕組みとか、列の仕組み、車椅子の人への配慮のありかたなど、いくつか驚いた。サービスってこういうものか、と。いい雰囲気があふれていた。
c0013494_1211140.jpg
それに加えて、「平均的な日本人老若男女」は、東京の特定の街(例えば、銀座、新宿、渋谷)で探すよりも、ディズニーランドに来たほうがいいのではないか、と思った(中国人の旅行者も非常に多かったが)。

38年間の空白の後、満を持して行ったディズニーランドだったが、感想は、寒かったけどまあまあ(笑)という感じ。いまはヨメのお腹にいる子が大きくなったらまた行くんだろうなあ。

さて、今日も寒かったが、明日からは零下40度のカザフスタンへ。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-31 01:21 | 雑記

みんなのやくそく。

久しぶりに実家に行って、昔の写真を見ていたら、家でとった写真に、父の手書きの張り紙が写っていた。

「みんなのやくそく

・はい、ありがとう。ごめんなさい。
・すぐやる(じかんのせつやく)。
・きがついたらひとのこともやる。
・なんでもさいごまでしっかりやる(とちゅうでやめない)。
・じかんは「たからもの」。
 学校からかえったらしゅくだいとあしたのじゅんびを早くすませて自分の時間を作る。」


書かれたのは77年。私が11歳の年。

サラリーマン16年目の今も、まったく同じ諫めが当てはまる。。。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-29 23:26 | 家族

京都。

京都に行ってきた。

宇治の平等院、萬福寺、夜の祇園の散策、おでんの蛸長、Papa Jon's Cheesecake、京都サンボア。

三十三間堂、下鴨神社、京大時計台レストラン、現代中央アジア研究会、など。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-24 00:16 | 雑記

コロラド。

昔からあるチェーン店だけど、一回しか行ってないけれど、とっても思い出深い喫茶店があった。

いつかまた行こう、と思っていたら、閉店してしまっていた。かなしい。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-19 23:59 | 家族

ODA50周年。

遅ればせながら今日知ったこのページ

歌詞は中々いい感じだと思います。大綱だとか中期政策など、言葉を沢山費やすよりも分かりやすいかもしれない。

ところで、ODA50周年っていつまでなのだ?
[PR]
by jagannaath | 2005-01-18 23:36 | ODA

中央アジアからの津波援助。

以前、津波被害へのカザフスタンからの緊急援助について記したが、ウズベキスタン、キルギスタンといった中央アジア諸国(に加えてアフガニスタン)からも支援が行われているとの記事があった。

コーカサスの地震国アルメニアからも援助が行われるとのこと。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-15 01:09 | 中央アジア

津波関係(ブログの紹介)。

スリランカにいる友人が立ち上げたスリランカにおける津波救援・復興関連のブログ。事実関係を淡々と、がモットーとのこと。取り急ぎ紹介します。

スリランカに関心があるなれば、このブログも要チェック。今日の産経新聞の記事にあるような状況を少しでも改善するために、このような働きかけも行われている。

一人一人の想いが繋がっていく、ブログの力を感じますね。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-15 00:54 | インド・南アジア

インドとパキスタン。

今日見つけた、ちょっと、いや、すごくいいなあ、為政者ってこういうものだなあ、と思ったコラム。元世界銀行副総裁の西水さんによるもの。いやあ、本当にいいなあ。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-15 00:29 | インド・南アジア

スノーシューと石釜ピザとスキーと温泉。

今日はAチームの皆さんがジャイアントスキー場方面へ遠征に出かけるのを見送ってから、ヨメと一緒にスノーシューにトライした。以前、秋田の阿仁の「マタギ体験」でカンジキをつけて雪の中を歩いたことがあるが、スノーシューはスパイクがついているせいか、輪カンジキよりも歩きやすい。また、一歩一歩が大きくなるため、結構グングン進む。気が付いたら、15分程度で、ロッジの正面にある、秋にはリンドウが沢山咲く小高いところまで上がってしまった。脚を結構高く上げて歩くので、結構いい運動だ。

その後、熊の湯に移動して志賀リバーサイドホテル(箸袋にはLiverside Hotelと書かれていて「?」)の石釜で焼いたピザを食べてからスキーを少々。ヨメはスノーシューの続きを少々。

そして、熊の湯ホテルで温泉。緑色の温泉は素晴らしかった。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-09 17:11 | 雑記

善光寺詣から志賀高原の彗星まで。

志賀高原まで「スキー合宿」(私はヘボ参加)に行く途中、長野で善光寺にお参りし、そばを食べてきた。

善光寺の参道を歩いていたら、ご婦人から声を掛けられ、時間がないので、ということで、本堂内のご戒壇めぐりをふくめた参詣券を頂戴した。参詣料をお支払いします、と申し上げたのだが、ご縁のものだからいいのいいの、とおっしゃって固辞されたので、有難く頂戴した。

ご戒壇めぐりは僕もヨメもそれぞれ3回目だったが、あの全く見えない闇はすごい。手探りで進んでいくと、無事本尊(秘仏)につながるという鍵を探り当てることができた。ヨメは鍵をおなかにも当てて、安産をお願いしていたようだ(何しろ全く見えないので)。

ご戒壇めぐりというが、胎内めぐりのようなもので、闇から明りに向かって進んでいくのは、まさにこの世に生まれる、といった感がある。

お参りの後には、蕎麦とお酒でいい気分になってバスに乗って志賀高原、定宿の石の湯ロッジへ。

スキー合宿Aチームは、東京を朝早くに出て一滑りしにいったとのこと。僕らはお風呂に直行。いつもどおりの盛り沢山でおいしい料理を楽しんだ後には、お定まりの宴会。今日はグルジアのワインを提供した。

宴会の後マックホルツ彗星を見に行った。残念ながらキレイに尾を引いているものは見えなかったが、なんとなくそれらしいかな、というものは見えたのだった。
[PR]
by jagannaath | 2005-01-09 12:29